ホーム> シロアリ事業部

お宅は本当に大丈夫ですか?シロアリ退治は、早期発見・早期駆除が肝心です

シロアリ被害の実態

ここまで被害が進んでしまうともう取り壊すしかありません。

浴室前床下

浴室前の床下

軒柱

玄関前の軒柱

シロアリは雑食性の昆虫です。ガラス、陶器以外はなんにでも被害を及ぼし、 樹木、衣類、紙、革製品、ケーブルはむろんコンクリートをも加害しますので、 鉄筋コンクリート建物といえども安心はできません。

日本に生息するシロアリ

シロアリはコロニー(巣)をつくり、女王・王、副女王・副王、働きアリ、兵アリなどの階級があります。 女王・王はコロニーを繁栄させ、子孫を増やします。寿命は10〜15年で100万個以上の卵を産むと言われています。 副女王・副王は、女王・王が死んだり傷ついた場合、代わりをします。 働きアリは固体数が一番多い階級で、コロニーの形成、他の階級の世話など、あらゆる仕事を受け持っています。 兵アリは外敵からコロニーの防衛をする階級です。

ヤマトシロアリ
日本全土に生息し、4月から7月、特に梅雨時期の昼間に活動が活発化。 特徴としては乾燥に弱く、湿潤な木材に生息する。 建物の土台の部分や水を使用するお風呂やトイレ、台所、洗面所などで活動し 加害速度は比較的遅い。
イエシロアリ
関東南部以西の海岸線、四国、九州地方に生息し、6月〜8月の夕方から夜にかけて活動が活発化。 特徴としては湿潤な木材だけでなく乾燥した木材や建物でも加害活動し、加害速度が速い。

↑ページの先頭に戻る

大切なマイホームを守るために定期的に調査を受けましょう。見積無料!

新築から5年目は、シロアリの定期検診期です。ひだかビルシステムは見積無料です。テレビカメラで床下、天井裏、壁の裏とかでシロアリがいるかいないか、被害が出てないかお調べ致します。

ここに1つでもあてはまったら調査されたほうがいいです。被害が進んでからだと駆除も大変になります。

  • 1)近くで羽アリが飛び立つのを見た。
  • 2)屋根がなんとなく波打って見える。
  • 3)最近、建てつけが悪くなった。
  • 4)歩くとがブカブカする。
  • 5)床下などに蟻道がある。

シロアリ防除の新システム

▼サブステック・ベイト・システム

従来の薬剤処理では、地中から家屋への侵入は防げても、シロアリのコロニー(巣)自体を根絶することは出来ませんでした。 サブステック・ベイト・システムは、そんな問題点を解決。 シロアリの習性を利用してコロニーを根絶し、高い安全性を実現した画期的なシロアリ防除工法です。 サブステック・ベイト・システムは、従来のシロアリ駆除方法とはまったく異なるコンセプトで開発されたシロアリコロニー駆除システムです。 従来は地上に現れたシロアリを薬剤を散布して「駆除」することが目的でした。 それに対し、サブステック・ベイト・システムは地中にあるシロアリの巣そのものをターゲットとしているので、現在被害をもたらしている個々のシロアリはもちろん、シロアリコロニー全体を「消滅」させる ことができます。 そして導入後定期的に点検することで、将来にわたりシロアリの被害を防ぎ、住居などの建物の保護をすることができるのです。


↑ページの先頭に戻る